産業活動で出される廃棄物|環境に配慮したガレキ選別のメリットと節約術について

環境に配慮したガレキ選別のメリットと節約術について

重機

産業活動で出される廃棄物

男の人

中間処理施設へ

埼玉で事業活動を行って発生した廃棄物のうち、燃え殻や汚泥、排油、廃プラスチックなどは産業廃棄物に、それ以外のごみは一般廃棄物に区分されています。その中で多くなっているのが、建設によって発生してくる産業廃棄物になります。一口に建設から発生してくる産業廃棄物といっても、土木と建築では様子が違ってきます。土木工事で出てくる廃棄物は、アスファルトやコンクリート、汚泥になります。建築工事でも大規模な開発や解体では、土木と同じような産業廃棄物が発生してきますが、戸建て住宅などの小規模の解体などの工事では木材やボード、金属、プラステイック、ガラスや畳などいろいろな廃棄物が少量ずつ発生してきます。これらを現場で分別することは困難になりますので、いったん埼玉の中間処理施設に持ち込むことになります。

再資源化率が低い

埼玉の中間処理施設に持ち込まれた産業廃棄物は、分別や処理を行った後で一部はリサイクルに、残りは焼却施設か最終処分場で埋め立てられています。建築の解体工事では、多くの種類の廃棄物が少量ずつ出てきます。このうちポリ塩化ビフェニルや、アスベストなどの有害物、コンクリートや木材、鉄骨やアルミなどは分別されますが、それ以外の多くは混合廃棄物として排出されているのが現状になっています。安定した性質のものは安定型処分場に、それ以外は管理型処分場に、貴金属などの有害な物質が含まれているものは、遮断型処分場に回ります。後者になるほど処分費用が高いため、どの程度混合して排出するのかを処分費、分別費の比較で決めることが多く、再資源化率が埼玉では低くなっています。