環境に配慮したガレキ選別のメリットと節約術について

作業員

便利で安いほうを

工事

粗大ゴミや家電は一般廃棄物であっても処分には手続きが必要になります。自治体の回収サービスは日時指定ができず、回収料金も専門の回収業者よりも高い傾向にあります。さいたま市にある業者なら日時指定もできますし、どんなゴミでも回収してくれます。

詳細

産業活動で出される廃棄物

男の人

事業活動で出てくる廃棄物が、産業廃棄物です。家の解体工事などの建築廃棄物は、少量でいろいろな種類の廃棄物が排出されるため、埼玉にある中間処理施設に混合廃棄物として持ち込まれ、そこで分別する作業が行われています。

詳細

産業廃棄物を減らす仕組み

工事現場

企業から排出される産廃は社会問題になりつつあります。埋め立て場や環境面に影響を齎しているためです。一方、これまでは埋め立て処理をされていた産廃がリサイクルされる事例も増えています。異業種の結びつきを深めることで、更にリサイクルが促進されることになります。

詳細

地球のことを考える

重機

環境への配慮

地震や台風による強風・豪風といった天災は、時として家屋や農業用ビニールハウスなどの建物を破損・倒壊させます。そうした破片のことをガレキというのです。これまで、ガレキはおもに埋立地で使用されてきましたが、許容限界を迎え、今以上に海を埋め立てていくことが難しくなっています。またガレキには木材や鉄くず、そのほか化学薬品などが紛れ込んでいることがあり、そのままでは火災などが発生する恐れがあります。最悪の場合、海に流出して魚などに生物濃縮され、生態系を崩れさせる要因に成りかねないのです。そのため、ガレキ選別を行う必要があります。ガレキ選別を行うことによって、まだ使えるモノを再利用することができるため、有限な資源の節約になります。こうした環境に配慮した選別が年々増加しつつあります。

選別の仕方

ガレキ選別は環境へ負荷の低減に効果があるとされ、多くの自治体でルールの策定が行われています。住人や企業の間で安心安全な環境に関心が高まる中で、身近なガレキ選別への注目が集まっているのです。ガレキ選別において、まずガスボンベなどの引火の可能性があるモノが仕分けられたあと、材質が木材か鉄材、石が選別されます。また、粉々になったガラスなども仕分けられることが多いです。土が汚染されている場合には、土嚢に収納された後、内部の有害な化学物質の半減期を待った後、埋立地などに利用されます。これら多くの作業工程の中で、ブルドーザーやショベルなどの重機必要になります。重機をレンタルサービスしている会社や一連の作業を委託業務してくれる会社もあるため、状況に応じて利用し分けるとよいでしょう。